サッカーや野球にも負けない魅力
ホッケーと聞くと、多くの人がアイスホッケーを連想すると思いますが、ホッケーは氷の上でした出来ないスポーツではなく、野外、室内どちらでも楽しむことができるスポーツなのです。
ホッケーに必要な道具について簡単に説明をすると、スティックと呼ばれる先端部分が湾曲している棒状のもので、長さに指定はされていないが、多くの場合に90センチ程度のものが使われ、重さの指定がされている。
そしてボールだが、探偵団が調べたところ、「硬い球なら何でもよし!」と聞いて驚いたが(実は知らなかった)、一般的に硬い球といっても野球で使われる硬球程度のものであり、ボールの溝などがあってもかまわないとされている、そして大きさも野球のボールとほとんど違いはない大きさである。

競技人数はサッカーと同じで11人であり、そのうち10人がフィールドプレイヤーであり、1人がゴールキーパーを担当するというのはほとんどサッカーと変わりはない。
またフィールドの大きさもサッカーと近く、横が90メートルほどで、たてが50メートルほど、ゴールマウスの大きさは4メートルほどで小さいが、これはハンドボールのゴールを少し大きくしたぐらいと思ってもらえるといいだろう。

ホッケー歴史は古く、スティックを使ってボールを飛ばすといったスポーツは紀元前のエジプトから存在していたといわれており、現代おこなわれているホッケーの原型が出来上がったのは1800年代の後半のイングランドでだった。
そこから世界中の国々で行われるスポーツに発展し、日本でも数年前から日本リーグとして本格的にプロリーグが活動を始めるようになった。
これからますます日本国内だけではなく、海外でもホッケーを楽しむ人が増えることは間違いないだろう。


名探偵シャーロックホームズは実在する?小説などで有名な名探偵シャーロックホームズは現代社会に存在するのか?現代の探偵について調べました。

オイスター探偵団の牡蠣養殖場オイスター探偵団では日本の牡蠣をおいしく食べる方法について調査、研究をするWebサイトです。オイスターの上手さをここで紹介します。




コンテンツ


(C) ホッケー探偵団